子育て相談Q&A

 

小学校入学に関するQ&A

小学校入学に関するQ&A
 
子供が勉強についていけるか心配です。
 学校での勉強はプロである先生が見てくださいます。家庭で出来ること、是非して欲しいことをお話します。 
 学ぶには、最適時期があります。例えば、「文字」に強い関心を示すのが4歳前後と
言われます。「これなんて読むの?」と尋ねたときは、機会を逃さず教えてあげましょう。お手伝いを喜んでしたがる時期があります。「お皿を3枚並べてくれる?」「みかんを5個もってきてね」などの体験が、算数の勉強の土台となります。寝る前などに「(子供が好きな)本の読み聞かせ」をすることも大切です。本が大好きになります。
 最適な時は、なにより楽しんで学ぶことが出来るのです。
 
子供の学校での生活が気になります。どのように把握すればよいのでしょうか。
 幼稚園時代と違って、学校での様子が見えにくくなるとご心配かもしれません。けれど大丈夫です。毎日の連絡帳やお便り、授業参観や懇談会など、家庭と学校を結ぶ手立ては色々講じられています。信頼して学校にお任せし、その上で日々のお子さんとのコミュニケーションを大事にしましょう。子供は色んな思いを抱えて学校から帰って来ます。お家うちの人にいっぱい聴いてもらいたいのです。安心して話せるよう、まず笑顔、そしてどんな話でも最後まで聴き切ることを心がけましょう。
 
小学校に入学したくない!小学校入学前の女の子です。4歳の妹がいます。小学生になることを少しも喜ばず、「幼稚園がいい」と言い張ります。そして「ランドセルを買っちゃうと学校に行かなくちゃならないから買わないで!」と延ばし延ばしになっていましたが、やっと買うことができました。でも少しも喜ばないんです。学校に行けるか心配です。
 子育ては、親子のつながりから始まります。一日一回は、子供をしっかりと抱きしめてあげてください。スキンシップです。その時、目と目を合わせて「大きくなったね」「返事が立派にできたね」「大好きだよ」と言葉を添えてください。親の愛情を感じている子供は、精神的に安定します。そこから好奇心が芽生え、活動が始まります。大丈夫!絶対行きたくなりますよ。
 
 引っ越したばかりで入学に不安。一人っ子の年長男児です。学区の違う地域に引っ越したばかりなので、友達のいない小学校に入学するのを不安がっています。脱毛症のことも気にしています。
 慎重派で、つい出来ない事や失敗する事を考えてしまい、親が大丈夫となだめても泣いてしまう。頭の良いお子さんなのですね。人は失敗を通して成長するものです。母親の小さい頃の失敗談など話してあげるのも良いと思います。
 周りの全ての環境(先祖・両親・夫・地域の方々)に感謝して、明るく生活している母親は家庭の中の太陽です。息子さんに対してはどんなに小さな事でも、出来た事を具体
的に希望を持たせるように褒ほめましょう。例えば「○○ができたの。さすが、小学生になる準備ができてきたわね!」また失敗した時などは、「今は出来ない事でも、大きくな
るに従ってできるようになるものよ」などと伝えましょう。
 そして入学先の学校・先生に感謝することはもちろんのこと、登校班があるのなら班長さんや班のお友達に感謝、まだ見ぬクラスメイトに感謝しましょう。元気に登校する
姿を思い描き、息子さんに対しては、常にプラスのイメージを持たせる言葉を使いましょう。自己改造のチャンスです!
《新教連推薦リンク》
 <新教連関係へのリンク>
qrcode.png
http://www.shinkyoren.jp/
モバイルサイトにアクセス!
045524
<<公益財団法人新教育者連盟>> 〒186-0003 東京都国立市富士見台1-13-9-305 TEL:042-505-6387 FAX:042-505-6497